ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


ヒメヤドカリ属/Catapaguroides A. milne Edwards & Bouvier, 1892


マンザガマヒメヤドカリ/Catapaguroides longior Komai, Yamada & Shirakawa, 2010

画像 特大画像&印刷支援

Catapaguroides foresti McLaughlin, 2002/ツノメヒメヤドカリに似たヒメヤドカリの一種が2010年に新種記載されました。ツノメヒメヤドカリに酷似しますが、本種は体格に比べ眼柄が非常に小さく、洞窟で暮らしているためか眼自体が退化傾向にあるようです。写真は角度の問題ではなく本当に眼柄が小さく、複眼もツノメヒメヤドカリのように尖らず丸くなっている様子が伺えると思います。
Calappaさんによれば、「ガマ」は沖縄の方言で「洞窟」だそうです。
画像提供はCalappaさん。

Komai, T., Y Yamada & N. Shirakawa, 2012.
A new hermit crab species of the genus Catapaguroides A. Milne-Edwards & Bouvier (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from the Ryukyu Islands, Japan, and additional record of C. foresti McLaughlin
Zootaxa 2690: 32-42 (2010)


このエントリーをはてなブックマークに追加



「マンザガマヒメヤドカリ」の種記載者が関与するヤドカリ一覧




「マンザガマヒメヤドカリ」 を Google で探す

Google


本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.30 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説