BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題




1.[>][x] プロフィールましゅまろ 光熱費を抑えた水温管理 2016/9/26 22:40

光熱費を抑えた最適な水温管理について皆様のご意見を下さい。

夏は少し高めの水温、冬は少し低めの水温に設定することで、
光熱費(電気代)を抑えたいと考えています。(妻から電気代が高いと言われ・・)

通常25℃が最適だと思いますが、
サンゴ、イソギンチャク、海水魚(特別飼育水温が低い生態は除くとして)が入っているとして、
飼育できる範囲で光熱費を抑えて冬・夏に何℃設定がベストでしょうか。

※淡水水槽が複数ありまして冬にヒーターの設定温度を下げたところ月3000円程度安くなったので海水でもできないかと考えていました。
※生き物を飼っているのだから、消費電力をケチるなとのご指摘もあるかと思いますが、趣味を続けていく上で家族の理解も大切なのでご相談に乗って頂ければと思います。

90cmOF生物濾過にヒーター、クーラー(ZC-1000E)ありの設備です。

冬22℃、夏27℃くらいが目安かなと思っておりますが、ご意見頂けないでしょうか。


調べた範囲だと以下の情報がありました。

【サンゴに関する論文】---------------------------
■サンゴ礁と地球環境変動
・サンゴの生息している水温は18℃〜30℃
・初夏に海水温が25〜26℃に達 した後の最初の大潮の晩に、幻想的な一斉放卵を始める。

■群体サンゴ骨格年輪と海洋気候変動の関係
・最適な水温:25℃〜29℃
・一時的な水温:18〜36℃
 ※日本付近ではサンゴ礁分布の北限は種子島,屋久島であり,最寒月の表面海水温度が18度の位置にあたる。

■三菱商事 サンゴ礁保全プロジェクト
・サンゴは、水温が18〜30度くらいまでの温かい海で暮らしています。
・サンゴ礁が発達するためには、最低でも水温が18度ぐらいは必要だといわれています。

■地球環境研究センター(サンゴの白化は温暖化のせい?)
・サンゴの棲息に適する水温は25℃から28℃といわれており、30℃を超える水温の状態が長期間続くと白化が起こります。

■サンゴ礁がなくなると、どうなる?(広島大学大学院 生物圏科学研究科 准教授)
・32℃になるとサンゴの組織自体がボロボロと剥離してきます。

【掲示板等】---------------------------
■パウパウアクアガーデン
・サンゴ:20〜25℃ ※28℃を超えると死に至る。
・海水魚:24〜26℃

■その他
・水温が上がると水の腐敗が進みやすくなる。
・26℃を超えると溶存酸素量が減る、アンモニア・リン酸等の毒性が上がる。
・一般的にサンゴは26〜29℃くらいが最も成長が早くなると言われている
・多くの生体は「低水温」への許容力ならば多少は持っているかも知れません。しかし「高水温」はダメです。

※論文を見ると高めの水温が提示されており(測定は海面だから?)、水槽飼育だと低めの水温が提示されているようです。

いいね!0



ブックマーク


このスレッドへの投稿フォーム

あと39件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の PNG/JPG/BMP/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTube/AmebaVisionの動画URL HELP
YouTube 例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)
AmebaVision 例) http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=(5桁以上の数字)




0.06 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説