BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



質問・悩み > ミドリイシ 色揚げ

ページビュー (2819)

12.[x] プロフィール管理者エイジ Re: ミドリイシ 色揚げ 2017/1/10 03:41

その上で、

●左山:浅場ゾーン (Hydra26 80W)
●中央+右山:超浅場ゾーン (Radion 180W)

のようにサンゴを光耐性(需要)別に分けて配置すれば、各照明の設定が楽になります。
(その場合、左山の上段が右山の中段くらいの光量になるようなイメージです)

トレーニングのつもりで、どこへ何を配置するかじっくり考えてみてください。
案が完成したらまた教えてください。

ヒント:Hydra26とRadionはそもそも消費電力が異なるので、共にフル出力100%で駆動させても2倍程度の光量差はあると思うので、自動的に浅場と超浅場に分けて利用できそうです。
但し、G4はG3より直下光量が低いと思われるので、Hydra26と同じ高さだともしかしたら直下光量は大差ないかも?汗
安価で良いので照度計でもあれば比較できるんですが。。。

ま、左の上段は元々右山の中段の高さですし、それでチャラとすれば、HydraもRadionも今のうちに水面上30cmくらいに下げても良いかも知れません。

Radionの調光の比率は前回の例を参考に固定して、あとは一番右の光量バーだけで上下に増減すれば良いです。日中の最大値を100%にするとしても、少し様子を見て、サンゴが嫌がってるようなら光量を落としてください。

Hydraの設定は、左山で浅場〜中層を再現するイメージで、今回のRadionの設定例よりも白少なめ・青多めな感じで組んでみてください。
組んだらまた見せてください。

いいね!0



レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、エイジさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.08 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説