BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題


生体 > イソギンチャクの投入

ページビュー (83951)

47.[x] プロフィール管理者エイジ Re: イソギンチャクの投入 2013/9/4 02:54

見た感じ縮んでるだけで、そのうち好きな場所へ移動して活着すると思いますよ。
逆に、触手を開ききって、口をポカーンを空けて元に戻らなくなったら危険信号です。
そうなったら多分もうダメでしょう。ボロボロに溶けて海の藻屑となります。。。

水温28℃は高いので、水槽用クーラーで25℃に一定に保ってください。
イソギンチャクは水温の変化に弱いので、水温固定はセオリーですよ。
慣れてくればたまに水温が多少変化したくらいじゃビクともしなくなりますが、それまでは飼い主共々レベルアップが必要です。。。
照明も蛍光灯よりメタハラやLEDなど強い光の方が、給餌に頼らなくても光合成でも維持できるのでお勧めです。とにかく給餌は水を汚すので管理が大変なので、なるべく給餌しなくて済む方法を考えた方が楽です。給餌したら換水を、くらいの気持ちで。
ただ、これまた慣れれば蛍光灯でも十分飼えるようになったりします。レベルアップを。。。

とにかく初めのうちは基本に忠実にいくことが成功への近道です。


ところで、ちょっと写真を見て心配になったので基本的なこと聞きますが、水景があまりに淡水チックなので、まさかと思いますが、金魚の水槽に入れたとか、そんなことはないですよね?汗
右上のシルエットはカクレクマノミですよね?


レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、テトさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.01 sec

コンテンツ

新ブログ「新・結果オーライ」 新・結果オーライ 新ブログはこちらです!

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 全面勝訴! 4年間の温かい応援、
ありがとうございました!