BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



3.[>][x] スミレヤッコTetsuo Re: 白点病治療法の可能性 2015年まとめ 2016/1/24 20:13

多くの寄生虫に効果のあるカプリル酸ですが、やや使いづらい面があります。
そこで誘導体であるモノグリセライド、トリグリセライドを使う方法もあります。
トリグリセライドは薬浴でシオミズハクテンチュウに対して直接効果がないことはわかっています。

では餌に混ぜるのはどうでしょうか?
実際に前例があります。出願特許2000-565879にはカプリル酸とモノグリセライド、トリグリセライドの経口投与によるシオミズハクテンチュウの寄生実験結果が記載されており、モノグリセライド、トリグリセライドでも効果があることがわかっています。これはこれらの誘導体が魚の体内で代謝され、カプリル酸になるからでしょう。

カプリル酸の誘導体を餌に塗布して準備はしましたが、現在までに白点病になる魚はなく…未検証(笑)。
白点病にならないということはシステム上良いことなのでこれも焦らず検証待ちなのですが。
そうはいいつつ数年。

(続く)


ブックマーク

このスレッドへの投稿フォーム

あと45件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の JPG/BMP/PNG/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTubeの動画URL HELP
例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)




0.01 sec

コンテンツ

新ブログ「新・結果オーライ」 新・結果オーライ 新ブログはこちらです!

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 全面勝訴! 4年間の温かい応援、
ありがとうございました!