BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



1.[>][x] ブレニー サイズアップしたらサンゴが死にました。 2020/4/18 22:12

画像サムネイル
1200x900 137.7KB
初めまして。
最近水槽をサイズアップ(30cmハイ→90cm)したのですが、前水槽から引越ししたサンゴ類が全滅しました。
魚は無事です。
水質検査を行いましたが、異常が分からない為こちらのベテランの方々にご教授頂きたいと思い投稿させて頂きます。

機材類
水槽:90cmOF
クーラー:ゼンスイzr75e
ヒーター:不明サーモスタット付き
スキマー:レッドシーベルリン
ポンプ:レイシーマグネットポンプRMD201
照明:グラッシーレディオRX122ディープ3灯、テトラパワーLED premium
殺菌灯:カミハタターボツイスト36w(立ち上げ期間の為点灯していません。)

生体
テールスポットブレニー(前水槽より)
ライムラス(前水槽より)
アカネハナゴイ×3(新規導入)
デバスズメダイ×5(新規導入)
ムシロガイ×6(前水槽より)
サンゴイソギンチャク(新規導入)
海ぶどう(前水槽より、サンプで栽培)

機材は全て中古です。
これまでに星になったのは、
シッタカ×2、スカンクシュリンプ、ムシロガイ×1、
ディスクコーラル、マメスナ、スターポリプ、ヤナギカタトサカ、ナガレカタトサカ、ウミキノコ
です。
シッタカ、スカンクは新規導入で、導入から2日で落ちました。
サンゴは全て前水槽からです。

水槽を移す際に前水槽は海ケムシが大量発生していた為
サンゴ、ライブロックはオキシドールでトリミングしたのでそこで調子を崩した様に感じます。
なので、再度マメスナをトリミング無しで投入したところ3日経過しても全くポリプが開かないので、別水槽に移した所ポリプは全開になりました。

立ち上げから1か月、水質検査はアンモニア、亜硝酸は0、硝酸塩は10mg/lは超えていません。
水換えは2回/週です。

無脊椎のみ落ちていく理由が分からず途方にくれています。
(何故か新規導入のイソギンチャクは触手もふっくらと調子も良さそうです)
申し訳ありませんが、博識の方ご教授下さい。

2.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: サイズアップしたらサンゴが死にました。 2020/4/24 01:34

オキシドールを使われた分量、時間、手順など教えてください。
それはいつも手慣れたフローだったのでしょうか?
ウミケムシは大量に発生してたのでしょうか?

でもウミケムシに効く分量でサンゴが平気な気がしないのだけれども、今って皆さん普通にオキシドールなんかを使ってキュアリングされてるのでしょうか?
少なくともライブロックに定着してたバクテリアあたりは死滅して水質浄化サイクルに悪影響が出るように思えるんですが、そこら辺の対策はあるんですかね?

3.[>][x] ブレニー Re: サイズアップしたらサンゴが死にました。 2020/4/26 23:32

オキシドールはバケツに入れた飼育水に対して10%の比率で時間は10分〜15分程度、スポイトで吹きかけて海ケムシを飛ばしてました。
海ケムシは20Lバケツを埋め尽くす程発生していました。

オキシドールでのトリミングは初めてで、ネットで調べつつという感じです。
メインタンクにオキシドールを添加している方もおられた為、バクテリアへの悪影響についてはあまり考えていませんでした。

2回目に投入したマメスナはオキシドールは使用していないのですが、ポリプが開かず2日で別水槽に移しました。
別水槽に移した直後にポンプを開いたので、トリミングによるダメージではなくメインタンクに何か有害なものが発生しているのではと推測しています。。。

4.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: サイズアップしたらサンゴが死にました。 2020/4/27 10:51

オキシドール(過酸化水素)を調べましたら、海外では何年も前からやってるディップの手法のひとつのようですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ePNw3H9rYuI
https://www.youtube.com/watch?v=PO-6ZcubmVo
ただ、動画にもあるように、マメスナの場合で最大2分、このリミットはサンゴに合わせて変えないと、特にソフトは海水を吸っちゃうので体内に残留することを考慮する必要がありそう。また、終わった後もしばらく新鮮な海水に漬けてスポイトで丹念に掃除するように言ってます。毒抜きかな。

また、このような失敗談もありました。
http://ochira.blog17.fc2.com/blog-entry-453.html
まあこれは薬浴ではなく直接水槽に入れてるので別のケースですが、150Lに対して10mlのオキシドールですから、割合で言えば僅か0.0065%ですが、それでこの被害です汗

また、近年のサンゴの産卵に有効な手段として、同様に過酸化水素を用いた手法が主流になりつつありますが、これは過酸化水素がサンゴの生理に好意的に働くと言うよりは、毒をもって生命の危機を与え種の保存へ向かわせる、と言う禁じ手に近い手法と考えられます汗

コケにしろウミケムシにしろ、オキシドールはそれのみに働く殺虫剤ではなく、単に引き際次第で全ての生物を殺しうる毒です。それに浸したサンゴもライブロックもバクテリアやゴカイはもちろん、多くのソフトコーラルの息の根を止めた、その引き際を決定づけたのが10-15分の時間だったのではないでしようか?
しかも、直接浸してない貝類、甲殻類にまで影響が出てる現状を見ると、浸したサンゴやライブロックにそれなりのダメージが出ていて、それらが間接的に残りの生物に対して有害な悪影響を及ぼしていると考えて間違いないでしょう。

もし最初に相談があれば僕なら決してお勧めしない手法でしたが、今となっては解決が先決なので、僕なら砂もライブロックも全て破棄してリセットします。それでもサンゴが全快してくれるかどうか分かりませんが、でもやるしかないでしょうね。しかもしばらくは毎日一定量換水した方が良いでしょうね。とにかく毒抜きです。


ブックマーク

このスレッドへの投稿フォーム

あと46件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の JPG/BMP/PNG/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTubeの動画URL HELP
例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)




0.03 sec

コンテンツ

新ブログ「新・結果オーライ」 新・結果オーライ 新ブログはこちらです!

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 全面勝訴! 4年間の温かい応援、
ありがとうございました!