ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


ホンヤドカリ属/Pagurus Fabricius, 1775


エタジマホンヤドカリ/Pagurus rectidactylus Komai, Saito & Myorin, 2015

画像 画像 画像 画像 画像 画像 特大画像&印刷支援

2014/3に広島県江田島の海岸から見つかった(さとうみ科学館 西塔氏)ホンヤドカリ属の新種で、ホンヤドカリ属の潮間帯からの新種発見としては今世紀初となる貴重な発見です。その後、京都府舞鶴からも2014/5に見つかりました(織部氏)。僕もすぐに舞鶴と江田島へ遠征し、それぞれ本種の生息を確認しました。一通りの標本を確保の後、千葉県立中央博物館の駒井先生に論文を作成して頂きました。

本種は形質的にはゴホンアカシマホンヤドカリに非常に酷似しますが、歩脚が長く動作が機敏であることや、全体的に大型であるため歩脚の各棘列の数も多く、また決定的な違いとしてヒドロ虫の形成物(元はシワホラダマシ等のカイウミヒドラを宿した巻き貝をベースとしたモノ?)を宿殻として背負う点が挙げられます。また、このヒドロ虫の成長に伴い、殻を成す構造物も拡張されていくため、本種は成長に伴う宿殻交換が不要のようです。このような特異な宿殻を利用するヤドカリは深場ではいくつか挙げられますが、潮間帯では非常に希な特徴です。
また、太平洋側や日本海側などの潮間帯に広範囲に分布していながら、これまでまったく発見に至らなかった大きな要因のひとつとして、本種は普段から海草の茂みの中を活動の拠点としている点が挙げられます。実際、僕の観察でも、砂地・アマモ場や岩場周辺では一切見つからず、ホンダワラの茂みの中からのみ見つかりました。採集も、海草を揺すって落ちてくるのを網で受けて捕らえる方法でのみ実現したほどです。尚、この採取方法では、アカシマホンヤドカリ、ゴホンアカシマホンヤドカリ、オキナワアカシマホンヤドカリ、イクビホンヤドカリ等も混じりました。

関連論文:T. Komai, Y. Saito & E. Myorin, 2015. A new species of the hermit crab genus Pagurus Fabricius, 1775 (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from shallow coastal waters in Japan, with a checklist of the East Asian species of the genus. Zootaxa 3918 (2): 224–238 (11 Feb. 2015)


このエントリーをはてなブックマークに追加



「エタジマホンヤドカリ」の種記載者が関与するヤドカリ一覧


「エタジマホンヤドカリ」と同じ年に記載されたヤドカリ一覧



「エタジマホンヤドカリ」 を Google で探す

Google


本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.27 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!