ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


ユミナリヤドカリ属/Anapagurus Henderson, 1886


ユミナリヤドカリ/Anapagurus japonicus (Ortmann, 1892)

画像 特大画像&印刷支援

ユミナリヤドカリ属は、右鋏の掌部背面基部近くに短い縦走隆起があるのが特徴。本島での分布はA. japonicusの方が一般的で、A. bonnieriの方は熱帯域に位置するらしい。そのため、琉球方面から黒潮の影響を受ける南紀での本種の判別については個体の精査が必要であり、写真だけでは判断は出来ないところ。
今回このユミナリヤドカリに含めていた不明種をA. bonnieriへ割り当てましたが、こちらの個体は敢えてユミナリヤドカリとして残しておきます。機会があれば先生へ精査をお願いしてみます。ま、この種はポイント次第で普通に見られるので、近い内にどうにか出来ると思います。


和名未定/Anapagurus bonnieri Nobili, 1905

画像 特大画像&印刷支援

これまでユミナリヤドカリに含めて扱ってきた不明種を今回この種として扱いました。ユミナリヤドカリと同種とするにはあまりにも違和感があるための暫定措置かな。とは言え同定は出来ていませんので、確定できるまではあくまでも?扱いです。また機会があれば同定して頂こうと思います。確かにユミナリヤドカリとは混在して確認されるので、同一の種である可能性も高いかも知れませんね。あるいはA. bonnieriとA. japonicusのここでの分別が逆かも知れません。あまり責めないで。。。
ちなみに本種は沖縄では普通種ですが、日本を含む東アジアからの正式な報告はまだ無いとの事。




「ユミナリヤドカリ属/Anapagurus Henderson, 1886」の分類




本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.25 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説