1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

スベスベサンゴヤドカリ / Calcinus laevimanus (Randall, 1840)

1動画

学名:Calcinus laevimanus (Randall, 1840)
和名:スベスベサンゴヤドカリ
環境:本州以南の海岸
報告国内報告あり, 南紀, 四国, 沖縄本島, 宮古島, 石垣島

スベスベサンゴヤドカリの和名の"スベスベ"はあだ名ではなく正式な和名で、その名の通り体の表面に体毛がありません。鉗脚は黒と白のツートン、歩脚は黒地にオレンジのライン、眼柄は青とオレンジのツートンで、角膜はエメラルドブルーです。
同属の中では特に左鉗脚が大きいのが特徴的で、波打ち際を好み、時には上陸する光景も見られる点は、シロサンゴヤドカリとも共通した特徴です。
希に色彩の非常に薄い個体が見られます。

①:沖縄本島、②:和歌山産、③:沖縄産。

    追跡遭遇
    RECORD
    Calcinus laevimanus (Randall, 1840)
    スベスベサンゴヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀1
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国1
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島1
  • 宮古島1
  • 石垣島1
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m1
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月1
  • 9-10月1
  • 11-12月1
  • 日中1
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)1
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)1
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

(Pagurus laevimanus Randall, 1840) Randall, J.W. (1840). Catalogue of the Crustacea brought by Thomas Nutall and J.K. Townsend, from the West Coast of North America and the Sandwich Islands, with descriptions of such species as are apparently new, among which are included several species of different localities, previously existing in the collection of the Academy. Journal of the Academy of Natural Sciences at Philadelphia. 8: 106-147, Plates 3-7.

(Pagurus lividus H. Milne Edwards, 1848) Milne Edwards, H. (1848). Note sur quelques nouvelles espèces du genre Pagure. Annales des Sciences Naturelles Zoologie, Paris, ser. 3. 10: 59-64.

(Calcinus herbstii de Man, 1888) de Man, J.G. (1888). Bericht über die von Herrn Dr. J. Brock im indischen Archipel gesammelten Decapoden und Stomatopoden. Archiv für Naturgeschichte. 289-600, pls 11-22.

(Pagurus tibicen H. Milne Edwards, 1836) Milne Edwards, H. (1836). Observations zoologiques sur les Pagures et description d'un nouveau genre de la tribu des Paguriens. Annales des Sciences Naturelle Zoologie, Paris, ser. 2. 6: 257–288.

ResearchGate : McLaughlin, P. A.; Komai, T.; Lemaitre, R.; Rahayu, D.L. (2010). Annotated checklist of anomuran decapod crustaceans of the world (exclusive of the Kiwaoidea and families Chirostylidae and Galatheidae of the Galatheoidea. Part I – Lithodoidea, Lomisoidea and Paguroidea. The Raffles Bulletin of Zoology. Suppl. 23: 5-107. (画像あり)

WoRMS : Calcinus laevimanus (Randall, 1840)

ResearchGate : Embed figure
A, Calcinus elegans (H. Milne Edwards, 1836). Male SL 10.0 mm, stn M1; B, Calcinus fuscus Malay, Komai & Chan, 2012. Male SL 4.1 mm, stn B42; C, Calcinus gaimardii (H. Milne Edwards, 1848). Female SL 5.6 mm, stn R14; D, Calcinus laevimanus (Randall, 1840). Male SL 4.4 mm, stn M2; E, Calcinus latens (Randall, 1840). Male SL 3.0 mm, stn R1; F, Calcinus lineapropodus Morgan & Forest, 1991. Male SL 4.5 mm, stn R16; G, Calcinus minutus Buitendijk, 1937. Male SL 4.7 mm, stn R10; H, Calcinus morgani Rahayu & Forest, 1999. Female ovig SL 4.8 mm, stn M2.
D, Calcinus laevimanus (Randall, 1840). Male SL 4.4 mm

CRUSTA : Calcinus laevimanus (Randall, 1840) (数枚の画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで