1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

和名未定[オオベニワモンヤドカリ] / Ciliopagurus babai Forest, 1995

学名:Ciliopagurus babai Forest, 1995
和名:和名未定[オオベニワモンヤドカリ]
環境:深場(漁獲水深)
報告国内報告あり, 沖縄本島

Ciliopagurus babaiはもっともザ・ベニワモンヤドカリに似た色彩をしているように思いますが、第1第2触角と角膜が明確に黄色くなり、歩脚指節の模様がやや薄めな印象です。また眼柄が濃い赤色とオレンジのツートンになっている点も特徴的です。

さて、本種には「オオベニワモンヤドカリ」の和名を巡ってCiliopagurus babai Forest, 1995との混乱がありましたが、それは三宅先生の原色日本大型甲殻類図鑑Iの記載ミスに端を発します。
図鑑ではこの二者を『雌雄差ではない色彩の2型』として共にCiliopagurus alcocki Forest, 1995を表記してましたが、後に左の個体がCiliopagurus babai Forest, 1995であると判明し、その後「オオベニワモンヤドカリ」の和名は本種が引き継いで使用されてきましたが、改めて振り返るとどっちがオオベニワモンヤドカリを引き継いだのか明確な文献がないらしく、今となっては和名の使用を控えた方が無難だそうです汗

いずれの画像も国営沖縄記念公園(海洋博公園)・沖縄美ら海水族館提供。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Ciliopagurus babai Forest, 1995
    和名未定[オオベニワモンヤドカリ]

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島1
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Forest, J. (1995). Crustacea Decapoda Anomura: Révision du genre Trizopagurus Forest, 1952 (Diogenidae), avec rétablissement de deux genres nouveaux. in: Crosnier, A. (Ed.) Résultats des Campagnes MUSORSTOM 13. Mémoires du Muséum national d'Histoire naturelle. Série A, Zoologie. 163: 9-149.

WoRMS : Ciliopagurus babai Forest, 1995

TELDAP : (Ciliopagurus babai) (1枚の画像あり)

沖縄美ら海水族館 : ワモンヤドカリ属の一種 (数枚の画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで