1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

不明種 / Clibanarius sp. [4]

1動画
2動画

学名:Clibanarius sp. [4]
和名:不明種
環境:本州以南の海岸
報告国内報告あり, 沖縄本島

これまでClibanarius boschmai(ボシュマイ)として掲載してきた沖縄での採集個体を不明種[4]へ移動しました。
当初は、採集個体がいずれも小さな幼体ばかりだったため、成熟すればボシュマイと同じ色彩になるだろうと予想し、採集個体のうち5匹を飼育観察してきましたが、いずれも甲長3mm程度⑥⑦になっても色彩は変わりませんでした汗
とは言え、ボシュマイも沖縄で採集記録があるので、引き続き捜索を続けていきます。

本種とボシュマイの色彩は概ね一致して見えますが、細かく見ていくと全てが微妙に異なり、本当に困惑します笑

その中でも特に大きく異なる点としては、やはり歩脚指節の色彩構成と言えます。本種の場合、指節と前節の間接部は強く赤味を帯びていて、また指節の遠位は黒く、近位は白くなります。またこの白黒の境界は不明瞭で、中間色が青味を帯びたグラデーションになっており、よく言えばボシュマイの色彩を崩したような印象です。一方ボシュマイの場合は、指節と前節の間接部は本種同様に強く赤味を帯びていますが、指節の色彩構成は遠位が白く、近位は青地に4本の黒の縦縞(背側/腹側/内側/外側)を明確に持っている点で異なります。

そして、この本種の歩脚指節の色彩構成だけで見れば、ツマキヨコバサミの若齢個体ともっとも似ているように見えます。

但しツマキの場合は、幼体の時期は指節の先端は黒くなく、逆に成熟すると歩脚全体がかなり黒くなり、本種の色彩からは大きくかけ離れていきます。ただ、DNA的には結構近いような印象を受けます。

2022年4月22日、脱皮殻の画像を追加⑨。

いずれの動画・画像も沖縄産。

    追跡遭遇
    RECORD
    Clibanarius sp. [4]
    不明種

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島1
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m1
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月1
  • 11-12月1
  • 日中1
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで