1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

イシダタミヤドカリ / Dardanus crassimanus (H. Milne-Edwards, 1836)

1動画

学名:Dardanus crassimanus (H. Milne-Edwards, 1836)
和名:イシダタミヤドカリ
環境:本州以南の海岸, 岩礁やサンゴ周辺, 砂/泥/礫の海底, 深場(漁獲水深)
報告国内報告あり, 南紀, 四国

イシダタミヤドカリは和歌山では水深2-3mあたりで見られます。希にタイドプールでも見られます。赤とピンクの配色が鮮やかです。左の第3胸脚の前節の側面に石畳模様を持つ事が和名の由来です。

①③:高知、②:和歌山産、④:沖縄産。

4枚目の個体は色彩が薄く、本種なのか別種なのか微妙です。

    追跡遭遇
    RECORD
    Dardanus crassimanus (H. Milne-Edwards, 1836)
    イシダタミヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀1
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国1
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m1
  • 水深2-10m1
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月1
  • 9-10月1
  • 11-12月1
  • 日中1
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)1
  • 磯(サンゴ)1
  • ガレ場(礫)1
  • 海底(泥砂)1
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

(Pagurus crassimanus H. Milne Edwards, 1836) Milne Edwards, H. (1836). Observations zoologiques sur les Pagures et description d'un nouveau genre de la tribu des Paguriens. Annales des Sciences Naturelle Zoologie, Paris, ser. 2. 6: 257–288.

(Pagurus pavimentatus Hilgendorf, 1879) Hilgendorf, F. (1879). Die von Hrn. W. Peters in Moçambique gesammelten Crustaceen. Monatsbericht der königlich preussischen Akademie der Wissenschaften zu Berlin, Sitzung der Physikalisch-mathematische Klasse. 1878: 782-851, pls. 1-4 [imprint 1878].

(Pagurus sculptipes Stimpson, 1858) Stimpson, W. (1858). Prodromus descriptionis animalium evertebratum, quae in Expeditione ad Oceanum Pacificum Septentrionalem, a Republica Federata missa, Cadwaladaro Ringgold et Johanne Rodgers Ducibus, observavit et descripsit. Pars VII. Crustacea Anomoura. Proceedings of the Academy of Natural Sciences of Phiadelphia. 10: 225-252.

WoRMS : Dardanus crassimanus (H. Milne Edwards, 1836)

ResearchGate : Embed figure
7: Paguroidea of South Africa, family Diogenidae Ortmann, 1892 (A, C, E in situ): A-B Dardanus arrosor (Herbst, 1796), Agulhas Bank, ♂ 32.2 mm (released)(A), ♂ 17.4 mm (SAMC MBA066844)(B) C-D Dardanus brachyops Forest, 1962, off Umzumbe, specimen not collected (photo V. Fraser)(C), Sezela, ♂ 16.5 mm (SAMC MB-A066724)(D) E-F Dardanus crassimanus (H. Milne Edwards, 1836), Sowana Bay, ♀ 4.0 mm (SAMC MB-A066033)(E), off Pumula, ♀ 6.7 mm (SAMC MB-A066421)(F).
E-F Dardanus crassimanus (H. Milne Edwards, 1836), Sowana Bay, ♀ 4.0 mm (SAMC MB-A066033)(E), off Pumula, ♀ 6.7 mm (SAMC MB-A066421)(F).

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで