1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

テナガツノヤドカリ / Diogenes nitidimanus Terao, 1913

1動画

学名:Diogenes nitidimanus Terao, 1913
和名:テナガツノヤドカリ
環境:本州以北の海岸, 本州以南の海岸, 砂/泥/礫の海底
報告国内報告あり, 北陸, 若狭湾, 南紀, 瀬戸内海, 四国

テナガツノヤドカリはトゲトゲツノヤドカリと比較すると、全体的に明るく黄みを帯び、バンド模様も若干鮮明です。また、眼柄外縁下部の泣きボクロも無く、何と言っても名前が示すとおり異様に長い鉗脚を持っています。更に詳細な識別ポイントとしては、全体的に歩脚のどの部位にも外縁に棘列を持つトゲトゲツノヤドカリとは違い、この種は第一第二両歩脚の指節と第二歩脚前節のそれぞれの外縁に棘列はありません(第一歩脚前節外縁には小棘列があります)。
とりあえず一番解りやすい違いは泣きボクロの有無でしょう。


①③④:能登産、②:香川産。
2枚目の個体は、どりるさんが香川県観音寺市で採集されたものです。

    追跡遭遇
    RECORD
    Diogenes nitidimanus Terao, 1913
    テナガツノヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸1
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾1
  • 南紀1
  • 山陰
  • 瀬戸内海1
  • 四国1
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m2
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月2
  • 9-10月1
  • 11-12月1
  • 日中2
  • 夜間
  • 河口(汽水)1
  • 海岸(岸辺)1
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)2
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Terao, A. (1913). A catalogue of hermit-crabs found in Japan (Paguridea ex cluding Lithodidae), with descriptions of four new species. Annotationes Zoologicae Japonenses. 8(2); 355–391.

ResearchGate : McLaughlin, P. A.; Komai, T.; Lemaitre, R.; Rahayu, D.L. (2010). Annotated checklist of anomuran decapod crustaceans of the world (exclusive of the Kiwaoidea and families Chirostylidae and Galatheidae of the Galatheoidea. Part I – Lithodoidea, Lomisoidea and Paguroidea. The Raffles Bulletin of Zoology. Suppl. 23: 5-107. (画像あり)

WoRMS : Diogenes nitidimanus Terao, 1913

ResearchGate : Embed figure
Hermit Diogenes nitidimanus found in Vostok Bay (after: http://www.imb.dvo.ru/files/ballast.pps).

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで