1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

和名未定 / Pagurixus concolor Komai & Osawa, 2006

学名:Pagurixus concolor Komai & Osawa, 2006
和名:和名未定
環境:岩礁やサンゴ周辺
報告国内報告あり, 四国, 石垣島

Pagurixus concolorは種小名の「concolor」が示すとおり体色が同じ単一色なので、これが恐らく本種ではなかろうか?という解釈の元、暫定的に本種に掲載しておきます。本種は眼柄が白くて角膜は黒く、第1触角は褐色と白で上下に分かれ、第2触角は紅白縞々、全身の色彩は赤味のある褐色の単色です。これは記載論文の標本写真とも特徴がよく一致しています。
Komai & Osawa (2006). Zootaxa 1214: 1–107 Figure 44. D.

ところで本種は、暫定的に掲載したPagurixus cf. laevimanus/オキナワヒメホンヤドカリととても酷似しているので、特徴の差異を比較してみました。

Pagurixus cf. concolorの方は第1触角が褐色と白色に上下で別れますが、Pagurixus cf. laevimanusの方は全体が褐色で節が少し白っぽくなるだけです。またPagurixus cf. concolorはその名の通り全身が同じ単色ですが、Pagurixus cf. laevimanusの方は長節に白いブチ模様が入っています。第2触角は両者とも紅白の縞模様です。

1枚目の画像はAkkiiraさん提供で石垣島の撮影、2枚目は柏島ダイビングサービス POLE POLE DIVEさん提供で高知の撮影。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Pagurixus concolor Komai & Osawa, 2006
    和名未定

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国1
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島1
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Komai, T.; Osawa, M. (2006). A review of the Pagurixus boninensis species group, with descriptions of six new species (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae). Zootaxa. 1214: 1-107.

WoRMS : Pagurixus concolor Komai & Osawa, 2006

CRUSTA : Pagurixus concolor Komai & Osawa, 2006 (1枚の画像在り)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで