1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

カシワジマヒメホンヤドカリ / Pagurixus fasciatus Komai & Myorin, 2005

1動画

学名:Pagurixus fasciatus Komai & Myorin, 2005
和名:カシワジマヒメホンヤドカリ
環境:岩礁やサンゴ周辺, 砂/泥/礫の海底
報告国内報告あり, 南紀, 四国

カシワジマヒメホンヤドカリは2004年に私が四国で発見した新種で、千葉県立中央博物館の駒井先生に論文を作成していただき、2005年に正式に新種記載されました。和名は発見地の「柏島」にちなんで「カシワジマヒメホンヤドカリ」です。本種の雄は鉗脚が鮮やかなピンク(繁殖期)で、雌は白いのが特徴。また、その後の調査の結果、本種は南紀にも生息していることが判明しました。

コンペイトウヒメホンヤドカリとの区別方法。

歩脚の前節の茶色と白色の長さの比率を見ればコンペイトウヒメホンヤドカリと区別できます。あと本種は顔回りが赤いです。

①:高知、②④⑤:高知産、③:和歌山産。

    追跡遭遇
    RECORD
    Pagurixus fasciatus Komai & Myorin, 2005
    カシワジマヒメホンヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀1
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国1
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m1
  • 水深10-30m1
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月1
  • 9-10月1
  • 11-12月
  • 日中1
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)1
  • ガレ場(礫)1
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)1

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Komai, T.; Myorin, E. (2005). A new species of Pagurixus (Crustacea: Decapoda: Anomura: Paguridae) from southern Japan. Zootaxa. 876: 1-12.

WoRMS : Pagurixus fasciatus Komai & Myorin, 2005

PLAZI : Pagurixus fasciatus , Komai, Tomoyuki & Myorin, Eiji, 2005 (画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで