1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

ユメオキヤドカリ / Paragiopagurus diogenes (Whitelegge, 1900)

学名:Paragiopagurus diogenes (Whitelegge, 1900)
和名:ユメオキヤドカリ
環境:深場(漁獲水深)
報告国内報告あり, 南紀, 沖縄本島

水深100m付近から捕獲されたユメオキヤドカリです。名前のセンスが良いですよね。やや光沢感のある淡いピンクの全身にはよく見ると赤い点々が散らばり、鉗脚と歩脚の腕節・長節の関節部には赤いリングが良いアクセントになっていて、黄色い角膜に浮かぶ黒目はまるで夢でも見てるかのようにボーッと天を仰いで見え、まさに夢心地? 的な?笑
なんだろう、この光沢感と色彩を見てると、なんかカニしゃぶが食べたくなりませんか?汗

ちなみに鉗脚の形状がまるで一護の斬魄刀を彷彿させる武器感が出ていて格好良いですね笑

和歌山の深海から捕獲された個体で、画像はブルーハーバー提供。
標本写真はCSIRO - Karen Gowlett-Holmesより。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Paragiopagurus diogenes (Whitelegge, 1900)
    ユメオキヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀1
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島1
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深1
  • 1-2月
  • 3-4月1
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

(Sympagurus diogenes Whitelegge, 1900) Whitelegge, T. (1900). Scientific results of the trawling Expedition of H.M.C.S. "Thetis" off the coast of New South Wales in February and March, 1898. Crustacea, Part 1. Australian Museum Memoir. 4(2): 135-199, pls. xxxii-xxxv.

WoRMS : Paragiopagurus diogenes (Whitelegge, 1900)

臺灣生命大百科 : Paragiopagurus diogenes (Whitelegge, 1900) (1枚の画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで