1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

トガリツノガイヤドカリ / Trizocheles sakaii Forest, 1987

1動画

学名:Trizocheles sakaii Forest, 1987
和名:トガリツノガイヤドカリ
環境:深場(漁獲水深)
報告国内報告あり

トガリツノガイヤドカリは、全体的にはオレンジ色をしていて、鉗脚の背縁や第1歩脚の腕節の背縁には長い棘の列を持ち、鉗脚を含む胸脚の長節の遠位には白い帯を持っています。
宿殻については、文献に寄れば本種はツノガイや巻貝やチューブワームの殻を背負うとありますが、本種はカルイシヤドカリウキボリヤドカリと同様のカルイシを背負っていたため、もしかしたら別種の可能性もありますが、文献にはカルイシを背負うトガリツノガイヤドカリの仲間もいるとのことで、とりあえず現時点で棘列や色彩の合致する本種として掲載しておきます。

穴蓋シリーズを並べてみました。


トガリツノガイヤドカリは、日本や台湾の水深100-613mの海域から報告があります。

動画・画像はいずれも竹島水族館提供で、静岡県御前崎沖の水深200-350mから採取された個体です。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Trizocheles sakaii Forest, 1987
    トガリツノガイヤドカリ

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Forest, J. (1987). Résultats des Campagnes MUSORSTOM 3. Les Pylochelidae ou "Pagures symétriques" (Crustacea Coenobitoidea). Mémoires du Muséum national d'Histoire naturelle. Série A, Zoologie. 137: 1-254.

WoRMS : Trizocheles sakaii Forest, 1987

Zootaxa : “Symmetrical” hermit crabs of the family Pylochelidae (Crustacea: Decapoda: Anomura) collected by the “BIOPAPUA” and “PAPUA NIUGINI” expeditions in the Papua New Guinea, with descriptions of two new species
TOMOYUKI KOMAI, TIN-YAM CHAN


PLAZI : Trizocheles sakaii (Forest, 1987) (画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで