1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

和名未定 / Paguristes puniceus Henderson, 1896

このヤドカリの観察情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで

学名:Paguristes puniceus Henderson, 1896
和名:和名未定
環境:深場(漁獲水深)
報告:国内報告なし

これまで本種として掲載していた個体群はツマジロヒメヨコバサミへ移動しました。

Paguristes puniceusは、マドラス海岸沖の水深243-457mから採取された♀抱卵個体と♂個体により記載された。

以下、原記載より一部引用。
The chelipedes as well as the ambulatory legs are clothed with long silky hairs. The chelipedes are subequal in most specimens, but in some males the right is larger. The carpus, propodus, and dactylus are armed with short. acate spines, some of which are horny tipped, and the majority give rise to bunches of silky hairs.
On the upper surface of the carpus there is a median longitudinal smooth area, with rows of spinules on either side. The spines are arranged irregularly on the upper surface of the hand and fingers, but there are always three or four more prominent than the others on the inner margin of the hand. The apices of the fingers are horny.

The ambulatory legs are long and slender, especially the second pair; all the joints are provided with long marginal hairs. In some specimens a few spinules are met with on the anterior margin of the carpal and propodal joints, and in older specimens they appear to be represented by slight tnbercular elevations. The dactyli are about one and a half times the length of the propodi.

In a note accompanying the specimen from Station 166, the colour during life, according to Surgeon-Captain Anderson, was as follows : "Legs and anterior part of carapace light pink. Eye-stalks rather darker pink"
意訳↓
鉗脚と歩脚には長い絹糸状の毛が生えている。鉗脚はほとんどの標本では等しいが、一部の雄では右の方が大きい。腕節、前節、指節には短い角状の棘があり、一部は角状で、大部分は絹状の毛を束ねている。腕節の上面には中央に縦長の滑らかな部分があり、その両側には棘の列がある。棘は手や指の上面に不規則に配列されているが、手の内縁には常に3-4本の他よりも目立つ棘がある。指の先端には角質がある。

歩脚は細長く、特に第2脚は長く伸び、すべての関節には長い縁辺毛がある。一部の標本では、腕節と前節の関節の前縁に数個の棘が見られるが、古い標本ではわずかな棘状の隆起となる。指節の長さは前節の約1.5倍となる。

166番の標本に添えられたアンダーソン外科医長のメモによると、生前の色は以下の通りであった。
"脚と背甲の前部は薄いピンク色。眼柄はやや暗めのピンク"

    追跡遭遇
    RECORD
    Paguristes puniceus Henderson, 1896
    和名未定

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Henderson, J.R. (1896). Natural history notes from H. M. 'Investigator' Commander C.F. Oldham, R.N., commanding.—Series II., No. 24. Report on the Paguridae collected during the season 1893-94. Journal of the Asiatic Society of Bengal. 65(2): 516–536.

(Paguristes puniceus var. unispinosa Balss, 1912) Balss, H. (1912). Paguriden. In: Chun, C. (ed.), Wissenschaftliche Ergebnisse der deutschen Tiefsee-Expedition “Valdivia” 1898-1899, 20(2): 85-124. Gustav Fischer, Jena.

ResearchGate : McLaughlin, P. A.; Komai, T.; Lemaitre, R.; Rahayu, D.L. (2010). Annotated checklist of anomuran decapod crustaceans of the world (exclusive of the Kiwaoidea and families Chirostylidae and Galatheidae of the Galatheoidea. Part I – Lithodoidea, Lomisoidea and Paguroidea. The Raffles Bulletin of Zoology. Suppl. 23: 5-107. (画像あり ※Paguristes cf. puniceus)

WoRMS : Paguristes puniceus Henderson, 1896

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで