1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

不明種 / Pagurixus sp. [2]

学名:Pagurixus sp. [2]
和名:不明種
環境:岩礁やサンゴ周辺
報告国内報告あり

以前Akkiiraさんから不明種の写真をお借りして以来10年ずっとモヤモヤしてましたが(4枚目)、ここに来て伊藤さんからズバリ同種と思われる写真を3枚お借りしました! 万歳ー!! この種は存在するんだー!笑
名付けて「煮こごりヒメホンヤドカリ」です笑

本種の特徴としては、まず第2触角は紅白縞々で、眼柄の背面に毛束が前後に連なっていて、そして眼柄の中腹の内側にもオガサワラヒメホンヤドカリのように1本の毛?棘?が生えてます。全体の体色はアシナガヒメホンヤドカリcf.のように赤茶色一色で透明感があり、長節には赤い点々と白い斑紋があります。また、1枚目の画像で特に分かりやすいのですが、鉗脚や歩脚の各節の背縁に白い棘列?毛?が連なって見えます。
そして最近5匹目の写真も見つけました(5枚目)。あーこの種をちゃんと新種として記載したいなぁ~♪

ちなみに本種はアシナガヒメホンヤドカリcf.と見まごうほどソックリですが、明確な違いは本種の第2触覚は紅白縞々、あちらは単色です。その他細かな差異はありますが説明が難しいです笑

1-3枚目の画像は伊藤孝幸さん提供で宮古島の撮影、2枚目はAkkiiraさん提供で2009年に石垣島5mで撮影、5枚目も石垣島の撮影で石垣島 DIVE SERVICE WATANABEさん提供。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Pagurixus sp. [2]
    不明種

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島
  • 宮古島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月
  • 9-10月
  • 11-12月
  • 日中
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで