1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -

海洋の仕組みと細菌・微生物から学ぶマリンアクアリウムサイト

1.023world Facebook

ヤドカリパーク - 図鑑と検定でやどかりの知識を深めよう♪

超ヤドカリ図鑑 - 色んなヤドカリをフィールド観察してみよう!

和名未定 / Pagurixus patiae Komai, 2006

学名:Pagurixus patiae Komai, 2006
和名:和名未定
環境:岩礁やサンゴ周辺
報告国内報告あり, 沖縄本島, 宮古島

Pagurixus patiaeはとにかく小さいので老眼では識別不能です笑。写真判定が全てです笑
初めて見たのは2007年の宮古島のビーチでしたが、当時のコンデジでも3枚目の写りが限界で、てっきりカシワジマヒメホンヤドカリコンペイトウヒメホンヤドカリだと思ってました笑 (当時はまだコンペイトウは不明種で記載前でしたが)
標本写真はこちらです。
Osawa & Komai (2007). Zootaxa 1627: 41–51. FIGURE 5.

ちなみに、コンペイトウ、カシワジマ、P. patiae、イロワケあたりは鉗脚の数カ所の同じ部位に茶色い点ありますよね。見分けにくいシリーズの標識ですかね笑
よく似ているケシツブヒメホンヤドカリとの特徴の比較図を用意しました。

※本種の雄は鉗脚が赤くなり、またPagurixus nanusの雌は白くなる可能性もあります

1-2枚目の画像は沖縄の撮影でAkkiiraさん提供、3-4枚目は伊藤孝幸さん提供、5枚目は石垣島の撮影で石垣島 DIVE SERVICE WATANABEさん提供。
貴重な写真や個体を提供された皆様へ心から感謝申し上げます!
We are very grateful to be able to use your valuable photos. thanks!

    追跡遭遇
    RECORD
    Pagurixus patiae Komai, 2006
    和名未定

  • 北海道(北)
  • 北海道(西)
  • 北海道(南)
  • 東北(西)
  • 東北(東)
  • 北陸
  • 房総
  • 伊豆
  • 八丈島
  • 小笠原
  • 東海
  • 若狭湾
  • 南紀
  • 山陰
  • 瀬戸内海
  • 四国
  • 対馬
  • 九州
  • 屋久島
  • 奄美
  • 沖縄本島1
  • 宮古島1
  • 石垣島
  • 西表島
  • 海外
  • 陸上
  • 水深0-2m
  • 水深2-10m1
  • 水深10-30m
  • 水深30-100m
  • 水深100m以深
  • 1-2月
  • 3-4月
  • 5-6月
  • 7-8月1
  • 9-10月1
  • 11-12月
  • 日中1
  • 夜間
  • 河口(汽水)
  • 海岸(岸辺)
  • 海草(藻場)
  • 磯(サンゴ)1
  • ガレ場(礫)
  • 海底(泥砂)
  • 洞窟(岩穴)

エリアと条件等をクリックして追跡遭遇レコードを共有しよう! ※レコード参加にはマイログへのログインが必要です

Komai, T. (2006). A new species of Pagurixus Melin, 1939 (Crustacea, Decapoda, Anomura, Paguridae) from the Ryukyu Islands, Japan. Zoosystema. 28(2), 507-516.

WoRMS : Pagurixus patiae Komai, 2006

PLAZI : Pagurixus dissimilis , Osawa, Masayuki & Komai, Tomoyuki, 2007 (画像あり)

WoRMSで本種のデータベースを確認する

特に断りのないものはすべて当サイトの写真判定による分類のため、 間違いがありましたらメールで ご指摘くださると助かります

超ヤドカリ図鑑に掲載するヤドカリ情報・動画・画像を募集しています!
送付先:info@1023world.netまで